福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発4件、もんじゅ2件違反 規制委が保安検査結果発表

  • 2016年2月4日
  • 07:57
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は3日、本年度第3四半期(10〜12月)の保安検査結果を発表した。関西電力高浜原発(福井県高浜町)で、新規制基準に基づく保安規定変更に伴う不備が4件、運転主体の変更勧告が出ている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(同県敦賀市)でも2件指摘されるなど、県内4原発で計8件の保安規定違反があった。いずれも4段階ある違反中、最も軽い「監視」と判断された。

 高浜原発では▽緊急時の対策要員が必要なだけ原発内にいるか、確認する方法が決まっていなかった―など4件が指摘された。いずれも検査期間中に改善された。

 もんじゅは、守衛所責任者について勤務時間外の事故対応などを外部の警備会社に任せている点に関し「任務の要求事項を定めていない」などと指摘された。また、安全教育を所長の承認を受けずに行っていた。

 もんじゅは、運転再開準備の禁止命令を受けた13年5月以降、11回の保安検査を経て9回で違反が指摘されている。

 このほか、美浜原発3号機(同県美浜町)では低レベル放射性廃棄物を扱う施設のクレーンが、12年9月の新設以来、年次点検などが行われていなかった。大飯原発3号機(同県おおい町)では、冷却水を冷やす機器の耐震性を高める工事で、製品の計画書見直しに不備があった。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース