福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

伊万里市と九電が原子力安全協定 玄海30キロ、全自治体締結

  • 2016年2月3日
  • 10:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 佐賀県伊万里市と九州電力は2日、玄海原発(佐賀県玄海町)に関する原子力安全協定を結んだ。九電はこれで原発から30キロ圏内の佐賀、長崎、福岡3県の全自治体と安全協定を締結。玄海原発の再稼働に向けた環境整備が進んだ。県と伊万里市は原発の安全確保でも覚書を結んだ。

 伊万里市は当初、原子炉施設の変更などの際、県と立地自治体の玄海町と同じように前もって同意が必要な「事前了解」を協定に盛り込むよう九電に求めたが、九電が拒否して交渉は難航した。結局、市は「事前説明」で妥協した。県との覚書に、県が「事前了解」を判断する場合「市の意向に十分配慮する」との文言を入れて折り合った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース