福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

再稼働反対、各地の団体と連携推進 原発反対福井県民会議が運動方針

  • 2016年2月1日
  • 10:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
7項目の運動方針を決めた原発反対県民会議の第40回総会=31日、福井県の敦賀市福祉総合センター
7項目の運動方針を決めた原発反対県民会議の第40回総会=31日、福井県の敦賀市福祉総合センター

 原発反対福井県民会議の第40回総会は31日、福井県の敦賀市福祉総合センターで開かれ、関西電力高浜原発3号機(福井県高浜町)の再稼働や同4号機の燃料装荷を踏まえ、各地の再稼働反対の団体と一層連携して取り組みを進めるとする運動方針を決めた。

 方針は7項目で、高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)については、原子力規制委員会から運営主体の変更勧告が出されていることを踏まえ「私たちにとっても正念場の年」とし「東京電力福島第1原発事故を忘れないための各地の集会や行動を有機的に結び、列島のあちこちでもんじゅの廃炉運動が行われるようにする」と目標を掲げた。

 総会には約70人が出席。中嶌哲演代表委員は「立地、被害、消費の三つの『地元』をつなぎ運動を広め強めよう」と呼びかけた=写真。「原発は人類、自然界に巨大な被害をもたらす」とする抗議声明などを採択。役員改選では中嶌代表委員や宮下正一事務局長を再任した。(柴田裕介)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース