福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

絶賛の嵐、福井の電子オルガン少女 ユーチューブ再生100万回超

  • 2016年1月29日
  • 10:08
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
「ユーチューブ」でエレクトーンを演奏した動画の投稿を続けている826askaさん=福井県鯖江市の自宅
「ユーチューブ」でエレクトーンを演奏した動画の投稿を続けている826askaさん=福井県鯖江市の自宅

 電子オルガンを趣味にする福井県の中学2年、826askaさん(14)=福井県鯖江市=の演奏が動画投稿サイト「ユーチューブ」で人気を集めている。昨年末に投稿した映画「スター・ウォーズ」のメドレーは1カ月足らずで再生回数100万回を突破。826askaさんは「こんなに多くの人に見てもらえるなんて」と驚いている。

 子どものころ電子オルガンを習っていた母(45)の影響で8歳のときに教室に通い始めた。「いろんな楽器の音を1人でオーケストラのように演奏できるのが楽しい」と826askaさん。現在所属している中学校の吹奏楽部では打楽器を担当しているが、今も週1回教室に通い続けている。

 動画の投稿を始めたのは6年前。父(46)の発案だった。「人前で演奏するのが苦手だった」。コンクールの出場すら嫌がる826askaさんの「引っ込み思案」な性格を克服してもらいたいとの考えだった。

 以降、映画やドラマ、アニメの音楽など亜沙伽さんがテレビで見て気に入った音楽を見つけるたびに曲を練習し、「826aska」の名前で公開している。両親は「普段は練習嫌い」と口をそろえるが、弾く曲を決めてからの集中力には舌を巻く。学校帰りや休日に練習を重ね、あっという間に曲を仕上げるという。

 昨年末に投稿した「スター・ウォーズ」メドレーも「映画は見たことないけど、かっこいい曲だと思った」と12月から練習に熱中。2週間ほどで弾けるようになり、壮大な世界観を見事に表現している。

 「スター・ウォーズ」の最新シリーズが公開されたこともあって再生回数は急上昇。動画のコメント欄には「楽譜以上のものを引き出している」「切れがすごい」など絶賛の声が上がり、海外からも評価するコメントが多数並んでいる。

 これまで投稿した動画は24本。「吹奏楽部に入ってからさまざまな音に触れ、自分の思うような音楽を組み立てられるようになってきた」と826askaさん自身、成長を感じており、「次の動画を期待してくれいている人もいるので、楽しんで弾き続けたい」と意気込んでいる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース