福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

パンに合う「トースト味噌」開発 越前がにが隠し味のしょうゆも

  • 2016年1月27日
  • 11:53
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
パンなどにも合うペースト「トーストみそシリーズ」(手前)=福井県福井市の古村醤油
パンなどにも合うペースト「トーストみそシリーズ」(手前)=福井県福井市の古村醤油

 しょうゆ・みそ製造販売の古村醤油(福井県福井市、古村喜正社長)は、福井県産ソバの実などを混ぜ込んだみそペーストを商品化し、パンやサラダにも合う「トースト味噌シリーズ」として販売を始めた。みその用途を広げて県内外で販路を開拓しようと、国の小規模事業者持続化補助金を活用し、東京の企画販売会社の助言を受けるなどして開発した。

 塩分が控えめの白みそと、甘みが特徴の江戸甘みそを独自の配合でブレンドしてコク、甘みを際立たせた。具材は福井県産ソバの実のほか、アーモンド、くるみ、カボチャの種の4種類で、具材の食感と風味を楽しめるように砕いたり、スライスを用いたりと工夫。トーストやサラダ、チーズ、豆腐など和洋さまざまな料理に合うという。

 カボチャの種を使った「パンプキン」は1本140グラム入り750円で、その他の具材のものは同650円(いずれも税別)。首都圏のデパートや雑貨店、県内のパン店のほか、同店でも販売している。

 また同店は新商品開発とともに商品デザインを一新。越前ガニのだしを隠し味にしたしょうゆのシリーズに、3種類の「おろしポン酢」も新たに加えた。問い合わせは同店=電話0776(36)0215。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース