福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

滋賀県が関西電力と安全協定締結 高浜原発事故による損害を補償

  • 2016年1月26日
  • 08:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
滋賀県と関西電力の安全協定ポイント
滋賀県と関西電力の安全協定ポイント

 滋賀県は25日、関西電力高浜原発に関し、非常事態発生時の即時連絡や事故による損害の補償を盛り込んだ安全協定を関電と締結した。

 滋賀県は高島市の一部が高浜原発の30キロ圏に入る。県は立地自治体並みの再稼働の同意権を求めたが実現しなかった。

 関電は高浜3号機を今月29日、4号機を2月下旬に再稼働する計画。

 県公館(大津市)での締結式で三日月大造知事は「県民の安全安心を確保する県の責務に照らせば一歩前進」と述べ、関電の八木誠社長は「協定に基づき的確に対応する」と話した。

 三日月知事は締結式後、報道陣に「八木社長には、再稼働を容認できる環境にはないと伝えた。立地自治体並みの協定と琵琶湖への配慮をお願いした」と強調した。

 協定では他に、核燃料や放射性廃棄物の輸送計画の事前連絡、県の防災対策への協力を規定。県職員による原発の現地確認や、原発新増設など重要な変更がある場合の関電からの事前説明などは含まれず、協定外の文書で関電と約束を結ぶ。

 また、事故発生時に近畿の水源である琵琶湖への影響を監視することや、協定内容の充実に向けた協議の継続も協定外の文書に記載する。

 高島市は協定の当事者にはなれず、関電からの情報を共有する確認書を県と締結した。締結式で福井正明市長は「あくまでスタートライン。当事者としての協定に向けて尽力したい」と話した。

 3、4号機は原子力規制委員会の審査に合格。再稼働を差し止めた仮処分決定を福井地裁が取り消し、再稼働が可能になった。

 滋賀県は関電大飯原発など5原発については2013年に安全協定を結んだ。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース