福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発3号、29日夕方に起動へ 4号機の燃料装荷は31日開始

  • 2016年1月26日
  • 08:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は25日、高浜原発3号機(福井県高浜町)の原子炉を29日夕方に起動し、再稼働させると明らかにした。原子力規制委員会に日程を届け出た。31日には4号機の原子炉に核燃料を入れる作業を始める予定。

 関電によると、3号機はこれまでの検査で1次冷却水の温度や圧力を上げても問題がないことなどを確認。24日から起動試験を始めた。

 順調に進めば、29日は原子炉内の核分裂を抑える制御棒の駆動検査などの後、原子炉を起動する。半日程度で臨界に達し、さらに2日半ほどで発送電を開始。出力を上昇させて100%に達した後、規制庁による最終検査を経て、2月下旬に通常の運転状態となる「営業運転」に移る予定。

 3号機は昨年12月、使用済み燃料を再処理したプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料24体を含む157体の燃料集合体を装荷した。

 4号機はMOX燃料の新燃料4体を含む157体を原子炉に入れる計画で、2月下旬の再稼働を目指している。

 2基は新規制基準の施行後、九州電力川内(せんだい)1、2号機(鹿児島県)に次ぐ再稼働となり、MOX燃料を使う「プルサーマル発電」は新基準下では国内初。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース