福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発事故時の避難、DVDで理解 安田教授(福井大原研)DVD監修

  • 2016年1月21日
  • 07:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
原子力災害への準備と対応を分かりやすくまとめた啓発DVD「こんな時どうする?」
原子力災害への準備と対応を分かりやすくまとめた啓発DVD「こんな時どうする?」

 福井大附属国際原子力工学研究所(福井県敦賀市)の安田仲宏教授が、一般財団法人日本原子力文化財団(東京)の原子力防災の啓発DVDを監修した。原発事故時の避難について分かりやすくまとめており来月、敦賀市区長連合会や市社協、警察、消防など防災関係団体に配布し、関係者で情報共有を進めたい考えだ。

 DVDは「こんな時どうする? 〜原子力災害、知っておきたい『準備』と『対応』」。33分の長さで、親子が安田教授から、目に見えない放射線を避ける対応を教わるという構成になっている。

 1章で基礎知識、2章では原発からの距離や事故の進展によって、防護措置が異なることを分かりやすく解説。「屋内退避や避難、一時移転といった対応があり、国や自治体がテレビやインターネット、防災無線などで情報提供する」などとしている。3章では避難の際に放射性物質が体に付着してないか、検査があることを説明した。

 DVDは、一般の人に原子力災害対応の理解を深めてもらおうと、昨年9月に作製。安田教授は同財団の依頼を受け内容を監修し、一般の理解が不十分な点を盛り込んだという。同財団はホームページなどを通してDVDを販売しており既に、原発の立地・周辺自治体が、講演会などで上映しているという。

 敦賀市では市防災会議の構成約30団体に配布する。安田教授は「原発事故時の避難は全体像が把握しにくい。地震なら子どもでも『机の下に隠れる』と学んでいるように、屋内退避や避難について理解が進んでほしい」と話している。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース