福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

小正月の繭玉飾り、きれいでしょ 勝山の園児16人が枝に取り付け

  • 2016年1月16日
  • 10:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
繭玉飾りを作る園児たち=15日、勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山
繭玉飾りを作る園児たち=15日、福井県勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山

 小正月の風習として伝わる「繭玉飾り」作りが15日、福井県勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山で行われた。園児が繭玉やカラフルな縁起物を飾り付けた。

 繊維産業が盛んだった同市の養蚕農家や機業場は五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛を願い、毎年この時期、繭玉や餅などを木の枝に飾り付けていた。

 この日、鹿谷保育園児16人が訪れた。蚕や繭玉の説明を聞いた後、ケヤキの木3本に繭玉や「交通安全」「開運招福」と書かれた札、小判など色とりどりの飾りを取り付けた。

 飾りは館内に展示し、2月の勝山左義長まつりのどんど焼きで燃やす。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース