福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発、再稼働へ重大事故訓練 規制庁保安検査官ら手順など確認 

  • 2016年1月12日
  • 07:33
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
重大事故の際に原子炉格納容器内への注水などに使う代替ポンプを準備する訓練=11日、福井県高浜町田ノ浦の関西電力高浜原発
重大事故の際に原子炉格納容器内への注水などに使う代替ポンプを準備する訓練=11日、福井県高浜町田ノ浦の関西電力高浜原発

 再稼働に向けた準備作業が進む関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)で11日、燃料が溶け出す「炉心溶融」が2基同時に起きたとの想定で、対応訓練が始まった。原子力規制庁の原子力保安検査官ら22人が手順や作業時間などを確認。訓練は13日まで続けられる。

 原子力規制委員会は新規制基準施行後、停止中の原発を再稼働させる際、事前に重大事故を想定した訓練を義務づけている。規制庁が“合格”と判断しなければ再稼働できない。

 訓練は11日午前9時に3、4号機同時に1次冷却水の配管が破断し、「炉心溶融」が起きたとの想定で行われた。運転員や協力会社社員ら約80人が参加し、原子炉格納容器に注水するためのポンプ設置などを行った。

 3号機は既に燃料装荷が終了。関電は作業や検査が順調に進めば、今月28〜30日の原子炉起動を予定している。4号機は2月下旬の起動を目指す。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース