福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜と大飯再稼働は安全性確保が条件 福井弁護士会会長声明

  • 2015年12月29日
  • 10:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 福井弁護士会(寺田直樹会長)は28日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)と、大飯原発3、4号機(おおい町)について、確実な安全性が確保されない限り再稼働しないよう、事業者や国に強く求める会長声明を発表した。

 福井地方裁判所(地裁)は24日、高浜原発2基の再稼働差し止めを命じた仮処分決定を取り消し、大飯原発2基の再稼働差し止めを求めた仮処分申し立てを却下した。

 声明では地裁決定について「とりわけ高浜原発の審理は科学的知見を十分に検討したのか疑問が残る」と指摘。事業者や国に対し、再稼働に批判的な科学者・技術者の指摘を踏まえた安全対策が必要とし、安全審査の在り方の抜本的な見直しなどを求めた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース