福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅでナトリウム漏れ警報 計4回、検出器誤作動か 

  • 2015年12月26日
  • 09:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で25日午後7時40ごろから計4回にわたり、原子炉容器室内での1次系ナトリウム漏れを示す警報が作動した。漏えいは確認されておらず、原子力機構は検出器の誤作動の可能性があるとみて調べている。

 機構によると、漏えいはナトリウムが流れる配管周辺の気体を採取して検出器で調べている。原子炉容器室は16台の検出器で調べており、そのうち1台で午後7時40分ごろから同9時20分ごろにかけ、数値が基準を超え警報が鳴った。数値は自然に下がり警報はいずれも短時間で止まった。

 前半2回の作動について検出器を調べたところ、気体が通過するフィルターにナトリウムの付着はなく、漏えいは確認されなかった。機構は国や県、敦賀市に状況を報告した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース