福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

西川知事に再稼働同意撤回を要求 原発問題県連絡会が抗議文を提出

  • 2015年12月23日
  • 07:49
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
西川一誠知事が高浜原発3、4号機の再稼働に同意したことへの抗議文を、野路博之課長(右)に手渡す佐藤正雄副委員長=22日、福井県庁
西川一誠知事が高浜原発3、4号機の再稼働に同意したことへの抗議文を、野路博之課長(右)に手渡す佐藤正雄副委員長=22日、福井県庁

 共産党福井県委員会と県労連などでつくる原発問題住民運動県連絡会は22日、西川一誠知事が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働に同意したことに対し、知事あての抗議文と撤回を求める申し入れ書を県原子力安全対策課に提出した。

 共産党県委の抗議文は▽川内原発と伊方原発の再稼働手続きでは説明会が県の責任で開催されたが、福井県は開かないまま再稼働に同意し、県民への説明責任を果たしていない▽原子力規制委員会の新規制基準は欧米の基準より劣っている▽広域の住民参加の避難訓練が行われていない―ことなどを問題視している。

 県連絡会の申し入れ書は、▽県民説明会を開き、再稼働の是非をめぐり説明責任を果たす▽同意を撤回し、原発ゼロへの決断を国に要請する―ことを求めている。

 共産党県委の佐藤正雄副委員長ら約15人が県庁を訪れ、県原子力安全対策課の野路博之課長に文書を手渡した。参加者は「24日の福井地裁の異議審決定を待って判断すべきだ。司法の軽視ではないか」「使用済み燃料はどうするのか」などと抗議した。これに対し野路課長は「ご意見は知事に伝える。これからも安全神話はないという姿勢を貫き、県民の安全安心を確保する」と答えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース