福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発周辺、避難計画を了承 安倍首相「政府が責任持つ」

  • 2015年12月19日
  • 08:57
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 政府は18日、原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)を開き、再稼働手続きが進む関西電力高浜原発(福井県高浜町)の周辺自治体の避難計画を了承した。

 計画が必要な原発の半径30キロ圏には福井、京都、滋賀3府県が入る。離島を除き複数府県にまたがる避難計画は初めて。

 安倍首相は会議で「広域避難では3府県が緊密に連携してほしい。万一、事故が起きた場合、政府が責任を持って対処する」と述べた。

 高浜原発は半島の付け根近くにあり、事故時に住民が孤立する地域が出る恐れがある。孤立地域の住民は放射線対策工事をした施設に屋内退避し、関電が準備する船やヘリコプターで避難する手順も盛り込んだ。

 高浜町の野瀬豊町長は、原子力防災会議の開催を受け「総理からは原子力政策に対する政府の方針等について言及されており、立地自治体としても、政府の確固たる方針をあらためて確認できたことを評価したい」とのコメントを出した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース