福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

30キロ圏避難計画「合理的」 高浜原発 福井、京都などの協議会

  • 2015年12月17日
  • 07:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井県の石塚副知事(左)らが出席し、高浜原発30キロ圏内3府県の避難計画を取りまとめた地域原子力防災協議会=16日、東京都内
福井県の石塚副知事(左)らが出席し、高浜原発30キロ圏内3府県の避難計画を取りまとめた地域原子力防災協議会=16日、東京都内


 福井県と京都、滋賀の3府県と国などは16日、東京都内で地域原子力防災協議会を開き、関西電力高浜原発(福井県高浜町)で重大事故が起きた際の30キロ圏内3府県の避難計画を「合理的かつ具体的」と確認し取りまとめた。昨年3月に策定した福井県の広域避難計画要綱などをベースに、福井県の住民が県外に避難する際の放射能汚染検査(スクリーニング)場所として、新たに京都府内2カ所を確保した。

 離島を除き、原発30キロ圏に複数府県がまたがる避難計画は初めてで、内閣府は原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)に報告する。同会議は18日に避難計画を了承する方向。

 5キロ圏内で陸路での避難が困難となった場合、関電が船やヘリコプターを手配して避難することを想定。陸路でもマイカー避難が困難な人向けに、一部の車両を関電が確保するなど、事業者の役割も明確にした。

 避難対象となる福井県の住民は、5キロ圏内が8165人、5〜30キロ圏内が4万6238人の計5万4403人。マイカーでの県内避難が基本で、道路状況により県内避難が困難な場合、あらかじめ定められた県外避難先に向かう。県外避難時のスクリーニング場所は、舞鶴若狭自動車道綾部パーキングエリアに隣接する「あやべ球場」(京都府綾部市)と「美山長谷運動広場」(同府南丹市)とした。

 京都府の住民は5キロ圏内の641人、5〜30キロ圏12万4444人の計12万5085人で福井県の2倍以上に上る。バスでの避難を基本に、警察が渋滞予想地点に先回りして信号を操作するといった渋滞対策も盛り込んだ。県単位で対処できない事態に陥った場合は、要請に応じて自衛隊、海上保安庁などが支援することも明記した。滋賀県は30キロ圏が山間部で住民はいない。

 この日の会合は福井県の石塚博英副知事らが出席し、冒頭を除き非公開で行われた。会合後、石塚副知事は記者団に「これから実効性を高める必要があり、引き続き国に責任をもって対応してもらいたい。住民への周知は訓練を通じて行っていく」と話した。

 高浜町の野瀬豊町長は「相当な時間を要したが、ようやく協議会が開催され安堵(あんど)している」とのコメントを出した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース