福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発再稼働、県議会17日同意 決議案を上程、可決へ

  • 2015年12月17日
  • 08:26
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働をめぐり、福井県議会(県会)は17日の本会議で、最大会派の自民党県政会が「再稼働する必要があると判断する」とする決議案を上程、賛成多数で可決し、県会として同意を示す見通しとなった。地元の同意手続きは最終段階を迎え、西川一誠知事の判断を残すのみとなる。

 同意手続きは、既に立地町の高浜町議会(町会)と野瀬豊町長が同意。今後、知事が判断の前提として国に求めている5条件に対する回答が焦点となる。国は、林幹雄経済産業相が年内に来県し回答を説明する方向で日程を最終調整しているとみられる。

 16日は県会の全員協議会が開かれ、各会派が再稼働に対する意見を表明。県会の過半数を占める自民党県政会の山岸猛夫会長は、エネルギーの安全保障や地球温暖化問題の解決のために「安全確保を大前提に再稼働を判断していく必要がある」と述べた。

 県会第2会派民主・みらいの野田富久会長は、広域避難計画の実効性や使用済み燃料の中間貯蔵施設の県外立地に向けた担保が不十分とし「現段階で判断できる環境にない」と、慎重な対応を求めた。1人会派は意見表明した4人のうち2人が反対の立場を示した。

 自民党県政会は同日総会を開き、17日の本会議に、再稼働を求める決議案を上程する方針を決定。決議案では国や事業者へ、国民理解の取り組みとともに実効性ある防災対策の構築に向け関係機関の連携強化などを求める方針。

 一方、民主・みらいも「現段階で判断する状況にない」との内容で対案の決議案を出す方針だが、本会議では自民党県政会の決議案が賛成多数で可決される見通しだ。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース