福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発再稼働、各会派発言要旨 福井県議会17日同意

  • 2015年12月17日
  • 09:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 【公明党(1人)】西本恵一議員

 ▽安全対策を着実に厳格に行うことを強く要望する▽知事が示した5条件のうち、国民に原子力の理解を進めるための国の動きが見えない。政府はさまざまな方法で強いメッセージを発することが求められる。知事も、再稼働に同意する場合、5条件の回答を含め、県民の理解を進めるための説明を行うべき▽知事の判断を尊重する。



 【希望ふくい(1人)】井ノ部航太議員

 ▽高浜町は高浜原発3、4号機の再稼働に同意しており、知事は速やかに再稼働を判断すべき▽原発は福井県の財政に貢献しており、嶺南地方の基幹産業。地域経済の落ち込みを放置しておけない▽福島原発事故後、(福井県の原発などは)世間の厳しい評価にさらされた。再び誇りを持って仕事をし、技術を成長させなければならない。



 【共産党(1人)】佐藤正雄議員

 ▽福島原発事故の被害が続く中で、再稼働に反対する▽知事は一般質問で福井県民の理解は進んでいると答弁した。だが県内外30万人分の反対署名が知事に提出され、敦賀市と美浜町、嶺北では52%が反対との世論調査データもある▽原子炉容器内の燃料棒が溶け落ちても安全なのか。県原子力安全専門委に再度審査を求めるべきだ。



 【無所属(1人)】細川かをり議員

 ▽この10年あまりだけでも、4カ所の原発で基準地震動を超える地震が5回起きている。高浜原発の地震想定だけが信頼できると誰が言えるのか▽原発停止の影響は約1兆円で日本のGDPの0.2%。これで当面の安全が図られるなら、決して高いコストではない▽福井県民の生命と財産を守るため、再稼働に反対する。



 【民主・みらい(5人)】野田富久議員

 ▽高浜原発3、4号機の再稼働は判断できる環境になく慎重に対応すべき▽知事が再稼働の条件に上げている国民理解は得られていない▽使用済み燃料の中間貯蔵施設などは県外設置の見通しがたっていない▽再稼働問題だけでなく、運転延長、廃炉、高速増殖炉もんじゅなど核燃料サイクル全体の課題に真摯(しんし)に向き合うべき。



 【自民党県政会(26人)】田中宏典議員

 ▽広域避難計画は住民が安心するための大きな材料になる。さらに充実していくよう、努力を重ねる必要がある▽11月末の全国知事会議で、安倍首相が「再稼働以外にも多岐にわたる問題がある。政府一体となって着実に取り組む」などと述べた。強い覚悟が十分に表現されている▽再稼働は必要。手続きを進めるべきだ。



 山岸猛夫議員

 ▽わが会派は6月に視察し、議会でも新規制基準の適合性審査を確認してきた▽原子力政策を進めるには国民の理解が不可欠であり、政府や事業者は、立地地域と周辺地域の住民の安全確保と不安、不信の払しょくに努めるべき▽資源の乏しい日本は原発なしでは成り立たない。県は今議会の議論を踏まえ、再稼働を判断する時期にきている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース