福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

強まる地域振興要求 もんじゅの行方・ナトリウム漏れから5年(下)

  • 2000年12月8日
  • 16:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 「北陸新幹線の福井県内着工がなければ、もんじゅ再開論議を始める気持ちにはなれない」

 高速増殖炉原型炉「もんじゅ」再開の動きが具体化するのに呼応するようにして、県会は、国に対して地域振興を求めるハードルを引き上げた。表向きは「バーターではない」と言いながら、原発問題を人質にこれほどあからさまに地域振興を引き出そうとした例はない。高速交通網をはじめ社会資本整備の遅れに対する焦り、消費地の”無理解”へのイライラが爆発した格好だ。

 「科学技術庁やサイクル機構のスケジュールの都合に合わせる必要はない」とする県会の強硬な空気に、新幹線問題の行方をにらんで、県は事前了解願を受け取る時機も探り直す必要に迫られた。当初十一月二十九日に事前了解願を提出する予定で準備を進めていた核燃料サイクル開発機構の思いは、地域振興の名のもとに打ち砕かれた。

 一方で地元・敦賀市のある幹部は、国の公共事業見直しで中止勧告を受けていた福井空港拡張が土壇場で「保留」扱いになったのは、もんじゅ再開が取引材料になったとみて、「空港は嶺北の問題なのに…」とまゆをひそめた。地域振興に対する考え方は、実にさまざまだ。

  ◆  ◆  ◆

 原発と地域振興。立地県にとっては永遠のテーマともいえる課題だ。

 福井県には一九九九年度、電源三法による交付金が九十六億円、核燃料税四十八億円が入った。累計すれば、二千数百億円もの膨大なカネが注ぎ込まれたことになる。ほかに電力事業者の法人税などもある。しかし、立地市町にも、地域振興が大きく進んだという実感は薄い。三十年を超える原発も出てきて先細りは免れない。事故が起きれば、それ以上のマイナス要素が働く。

 先月の大島理科技庁長官(当時)の来県時に面談した山口治太郎・美浜町長は「振興策が十分でなくて約束と違うのでは、との思いがある」と率直な思いを伝えた。二日後の美浜原発1号機の営業運転三十周年式典では「今後も発電所と共生を図っていきたい」とも述べたが、複雑な思いがあったに違いない。

 こうした点を背景に県会で坂川優議員(県会自民)は「地方で電力を生産し、都市部で利便を受けている。一部を地方に環流する共生の意識が定着するよう地域振興を正々堂々と述べるべき」と声を大にした。もんじゅに限らず、エネルギー政策に多大な貢献しているのを武器にしようとの考えは、県にも強い。

 そんな中、原発の立地地域振興のため公共事業の補助率をかさ上げする特別措置法が一日成立。原発集中の本県にとっては朗報ともいえるが「時代の流れからかけ離れた、補助金のばらまきでは」との声が与党内にさえ出たほど。法律そのものだけでなく、国会で生産地と消費地の理解を深め、地域振興のあり方を論議するのにも格好の場だったのが、会期末のスピード審議でかえって批判を浴びてしまった。

  ◆  ◆  ◆

 一方、原発の技術を応用して地元の産業振興につなげようとの動きも芽生えてきた。サイクル機構の主催で十一月に敦賀市で開かれた国際エネルギーフォーラムでもテーマに。座長の山本冨士夫・福井大教授は「原発推進のため交付金という形で自治体の地域整備をしてきたが、新しい産業が育ったとはいえない。従来の”原発城下町”はあなた任せで、自主的、自立的な発展には結び付かなかった」と地元の本音を代弁した。

 その上で原発の高度な技術を地元に移転してベンチャービジネスを起こそうという。パネリストの地元経済人も、雇用、資材サービス調達、交付金による振興から、人材育成や企業の成長促進へのシフトが求められると指摘した。サイクル機構も大学との共同研究、地元企業への技術移転に大きな期待をかける。地道な取り組みはもっと注目されていい。

 しかし、こうした自立的な動きも、今は”政治新幹線”との絡みの中で埋没しがちだ。

 事前了解願受理を目の前に思惑が入り乱れて「今議論すれば県会内はむちゃくちゃになってしまう」との声さえ出る。一方で「もんじゅの扱いをたなざらしにしておくことが、地域振興を引き出すのに効果がある」との過激な意見さえ飛び出している。

  ×  ×  ×

 一九九五年のナトリウム漏れ事故から八日で五年となる高速増殖炉(FBR)原型炉「もんじゅ」。原子力利用長期計画(長計)では早期再開が盛り込まれ、福井県や敦賀市、核燃料サイクル開発機構も再開に向けた手続きへ動きだそうとしている。ただ、国内外でFBRへ逆風は強く、安全性、経済性への懸念も消えない。果たしてもんじゅはどこへ行くのか。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース