福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高木氏 香典代13万円 報告書記載 8万円分訂正

  • 2015年12月1日
  • 07:41
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 高木毅復興相(衆院福井2区)が代表を務める自民党県第二選挙区支部が、2014年分の政治資金収支報告書に、選挙区内での葬儀5件の香典代として13万円を記載していたことが30日分かった。高木氏は、そのうち3件8万円分を11月18日に訂正、取り消した。同事務所は「私費で出したものを事務のミスで記載していた」と釈明。香典は、高木氏本人が葬儀までに直接持参したとした。

 残りの葬儀2件5万円分を訂正しなかった理由については、同事務所は「いずれも党支部の名義で支出しているため」と説明している。

 同報告書によると、取り消したのは14年2月に福井県越前町と越前市の住民、同年4月におおい町の住民に支出した3件計8万円分。香典はこの3件のほか、同年3月に敦賀市の住民、同年7月に美浜町の住民に計5万円支出していた。

 同支部の香典の支出をめぐっては、12年2月から13年11月にかけ、敦賀市と美浜町の住民に2万円ずつ計8回、計16万円分を記載し、その後訂正している。このため14年への繰越額を同額増やした。

 県選管がまとめた14年分の収入、支出総額などの全体集計は10月末時点のため、今回の訂正は反映されていない。

 公選法は、政党支部などが選挙区内で、議員の名前を示したり、名前を類推させたりする方法で、香典を出すことを禁じている。議員本人が出席し、私費で出した場合は罰則が適用されない。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース