福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核燃料サイクル延命へ関与を強化 日本原燃に再処理委託、経産省

  • 2015年11月30日
  • 17:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
各地の原発から搬入された使用済み燃料が保管されている日本原燃再処理工場の燃料プール=2012年4月、青森県六ケ所村
各地の原発から搬入された使用済み燃料が保管されている日本原燃再処理工場の燃料プール=2012年4月、青森県六ケ所村

 経済産業省は30日、原発の核燃料サイクル事業の体制見直しをめぐる作業部会を開き、国が監督する認可法人を新設し、電力業界が出資する日本原燃(青森県六ケ所村)に原発の使用済み核燃料の再処理を委託することを柱とした新制度の案を取りまとめた。

 新認可法人は、事業計画や人事などで国が強い監督権限を持つ。来年4月の電力小売り全面自由化で大手電力の経営が悪化しても、確実にサイクル事業費用を確保し、経営判断での撤退を防ぐ狙いがある。

 新制度では、電力会社が全ての使用済み燃料の再処理費用を拠出金として認可法人に支払うことを法的に義務付ける。(共同)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース