福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核のごみ「国が責任持ち対応を」 自治体の過半数が要望

  • 2015年11月29日
  • 09:07
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
高レベル放射性廃棄物の最終処分
高レベル放射性廃棄物の最終処分

 高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する都道府県アンケートで原子力政策全般について自由記述で意見を聞いたところ、福井県が「原子力発電の重要性、必要性について政府が前面に立って国民に強く訴え、理解を得るよう取り組むことが必要」と回答するなど、国の責任を求める声が目立った。

 電力の最大消費地である東京都は「エネルギー政策は国の根幹に関わる基本政策。関係自治体の意見を聞きながら国が最終的に判断すべきだ」との見解を示した。

 原発立地自治体からも「国の責任で丁寧に国民の合意形成を図っていくことが必要だ」(新潟県)との意見が出るなど、過半数が国主導による対応を求めた。また埼玉県は「原子力政策の推進が先行し廃棄物処理問題は後回しになってきた」と指摘し、「最終処分のあり方を政府の責任でしっかり見通した上で政策全体の議論を進めていかなければならない」と強調した。

 徳島県は「自然エネルギーの活用を推進し、将来的には原発に依存しないシステムを構築すべきだ」と訴えるなど、脱原発を求める意見もみられた。(共同)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース