福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ、事務方同士で対話へ 文科省と規制委に見解の相違 

  • 2015年11月28日
  • 08:54
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ=2013年、福井県敦賀市白木(共同通信社ヘリから)
日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ=2013年、福井県敦賀市白木(共同通信社ヘリから)

 高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の新たな運営主体を探すことと新規制基準策定の優先順位をめぐり、文部科学省と原子力規制委員会に見解の相違があるとして、馳浩文科相は27日、閣議後の記者会見で「売り言葉に買い言葉になることはしたくない」と述べ、事務方同士で対話する考えを示した。

 馳氏は「(新規制基準は)どういう方向なのか、やりとりの中で規制委の本音を聞きたい」と話した。

 もんじゅは通常の原発と構造が異なり、運転再開には特有の基準が必要。馳氏は20日「新たな基準が示されていない」と指摘し、基準の提示を規制委に求める考えを明らかにした。一方、規制委の田中俊一委員長は25日、基準策定を急がないとの見解を示し、馳氏の要求について「問題の質が全く違うことを一緒にして議論しようとすることに違和感を覚える」と述べていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース