福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発を県専門委が30日視察 安全性の検証ヤマ場に 

  • 2015年11月28日
  • 09:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
関西電力高浜原発=2015年4月、福井県高浜町田ノ浦(福井新聞社ヘリから)
関西電力高浜原発=2015年4月、福井県高浜町田ノ浦(福井新聞社ヘリから)

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働に向けた地元同意手続きをめぐり、県原子力安全専門委員会が30日に現地を視察し、新規制基準で整備した安全対策を確認する。2基は原子力規制委員会の安全審査が終わっており、現地確認で県専門委の安全性の検証はヤマ場を迎えそうだ。

 東京電力福島第1原発事故後、県専門委が高浜原発を視察するのは昨年6月以来。

 2基は10月までに安全審査が完了し、新基準に基づく対策工事も終えた。現在は再稼働前の最終手続きとなる使用前検査が行われ、規制委が現地で設備の性能を確認している。

 県専門委の現地確認には、中川英之委員長らが参加する。重大事故時に原子炉や格納容器を冷却するために使う可搬式の注水ポンプや、電源の多重化のために配備した空冷式の非常用発電装置などを視察する。

 県専門委はこれまでの会合で、重大事故時の対応やテロ対策、汚染水対策など幅広い観点で議論。中川委員長は今月5日の会合後、「(確認事項は)まだいろいろある」と記者団に述べ、検証結果を取りまとめる日程の見通しには言及していない。

 2012年の関電大飯3、4号機の再稼働に向けた手続きでは、現地確認の後、3回の会合を経て検証結果の報告書をまとめ西川知事に提出した。

 西川一誠知事は高浜3、4号機の再稼働に向けた同意手続きに関し、県専門委の安全性の検証、高浜町長の意向、県会の議論を踏まえた上で判断する考えを示している。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース