福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

志賀原発1号の活断層判断に同意 原子力規制委・査読会合

  • 2015年11月21日
  • 09:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は20日、北陸電力志賀原発(石川県)の1号機原子炉建屋直下に活断層がある可能性を指摘した有識者調査団の評価書案について、他の専門家がチェックする査読会合を開いた。専門家らは試掘溝のデータの解釈などに関する記述の適正化を求めたが、全体的な結論については同意した。

 原発の新規制基準は「活断層」の真上に重要施設を設置することを禁じており、1号機は廃炉を迫られる可能性が出ている。

 査読会合の意見も踏まえて修正された評価書案が規制委の定例会で正式決定すると、北陸電が再稼働を目指して申請した2号機の審査が本格的に始まる見通し。評価書はここで「重要な知見」として扱われることになる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース