福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

池田小児童考案コロッケ店頭に 福井 「ふくい味の週間」始まる 催し続々

  • 2015年11月16日
  • 07:38
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
池田小児童が考案し、販売されたコロッケ=15日、福井市の「オレボキッチン ベル店」
池田小児童が考案し、販売されたコロッケ=15日、福井市の「オレボキッチン ベル店」

 県内の小中学生が献立のアイデアを競う本年度の学校給食調理コンテストで最優秀賞に輝いた池田小のコロッケが14、15日、福井市の「オレボキッチン ベル店」で販売された=写真。

 販売されたのは、池田町特産の「タカキビ」で作ったきび団子を里芋とカボチャでそれぞれ包んだコロッケ「きびころのせたまほうのじゅうたん」。衣にもタカキビの実を入れ、さっくり感と団子のもっちり感の二つの食感が楽しめる。

 15日は、コロッケ2個入り約30セットが店頭に並んだ。試食した客は「きび団子がもっちりしておいしい」「素朴な味でいい」との声が聞かれた。購入した安達紀子さん(58)は「地元の食材を使っていて安心して食べられる。児童が考えたメニューは楽しみ」と笑顔で話していた。

 2個入り180円(税抜き)。21〜23日にも同店で販売する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース