福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原子力機構にコスト削減など要請 政府が秋のレビュー開始、無駄点検

  • 2015年11月12日
  • 11:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
「秋のレビュー」で討論する河野行革相(中央)ら=11日夜、東京・霞が関
「秋のレビュー」で討論する河野行革相(中央)ら=11日夜、東京・霞が関

 政府は11日、中央省庁の事業に無駄がないか有識者が公開で点検する「秋のレビュー」を東京・霞が関の合同庁舎で始めた。有識者は、4回しか使われていない使用済み核燃料の運搬船「開栄丸」に毎年度支払われている約12億円の維持費に関し「契約打ち切りや内容の見直しを含め、最も合理的な方法に改めるべきだ」と求めた。河野太郎行政改革担当相も「納税者に説明できないものに税金は使えない」と批判した。

 開栄丸は高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)を運営する日本原子力研究開発機構が2006年に建造。10年度以降は使われていない。維持費は、文部科学省が原子力機構を通じて開栄丸を所有する運送会社「原燃輸送」に支払う仕組みとなっている。有識者は原子力機構に対し業務運営の透明化やコスト削減を要請した。

 河野氏は就任後初めてのレビュー冒頭で「税金の使われ方が適切かどうか国民に見てほしい」とあいさつした。

 レビューは11日を含め8府省の55事業が対象で13日まで実施する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース