福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

被ばく医療4大学地域分担決める 原子力規制委、体制整備へ

  • 2015年11月7日
  • 08:47
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は6日、原発事故時の被ばく医療体制の整備で中心的役割を担う「原子力災害医療・総合支援センター」に指定された弘前大(青森県)、福島県立医大、広島大、長崎大の地域分担を決めた。原発の半径30キロ圏に入る21道府県と、核燃料の加工施設などがある3県が対象で、これらを4大学で分担して体制を整備する。

 各大学が受け持つ地域は、弘前大が北海道、青森、宮城。福島県立医大が福島、茨城、神奈川、新潟、静岡。広島大が福井を含む北陸、中部、関西、中四国の12府県。長崎大が九州4県。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース