福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発事故想定、滋賀県高島市で避難訓練 山間部高齢者ら

  • 2015年11月2日
  • 07:44
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
関西電力大飯原発の事故を想定した避難訓練で、スクリーニングを受ける住民(手前左)ら=1日午前、滋賀県高島市
関西電力大飯原発の事故を想定した避難訓練で、スクリーニングを受ける住民(手前左)ら=1日午前、滋賀県高島市

 滋賀県高島市は1日、関西電力大飯原発(おおい町)で事故が起きたとの想定で、山間部の住民が避難する防災訓練を実施した。

 訓練は若狭湾沖で地震が発生し、原発から放射性物質が外部に放出されたと想定した。大飯原発の半径30キロ圏に位置する高島市朽木地域の4地区では、山間部に住む高齢者らが歩くなどして集会所に集合。放射性物質が付着していないかを調べるスクリーニングなどを受ける避難中継所にバスで移動し、その後、避難所に移った。

 高島市によると、同市では30キロ圏に約640人が暮らし、4地区にはこのうち約260人が住んでいる。朽木地域は高齢化が進む山間部で、車を運転できない高齢者が多く、バスでの避難が中心になる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース