福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

九電川内原発2号機がフル稼働 11月中旬に営業運転移行へ

  • 2015年11月1日
  • 14:07
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
九州電力の川内原発2号機=10月15日、鹿児島県薩摩川内市
九州電力の川内原発2号機=10月15日、鹿児島県薩摩川内市

 再稼働した九州電力川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力89万キロワット)は1日、フル出力運転に入った。原子力規制委員会の最終検査で問題がなければ、11月中旬に現在の試験的な調整運転から営業運転に移行する予定だ。

 川内2号機はこの日、原子炉内で発生する熱出力を100%に保つ「定格熱出力一定運転」という状態になった。10月15日に再稼働した後、同21日の発送電開始を経て、徐々に出力を上げていた。

 川内2号機のフル稼働で8月に再稼働した川内1号機と合わせ、約180万キロワットの電力供給力が復帰。今冬は他社からの融通なしで十分な電力を確保できる見通しだ。

 九電の2015年9月連結中間決算は、原油安や川内1号機の再稼働などで純利益が535億円と、中間期としては5年ぶりの黒字となった。2号機の再稼働でさらに収益の改善が見込まれるため、16年3月期も5年ぶりに黒字転換する公算が大きい。(共同)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース