福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関西電力、黒字1125億円 9月中間期、再値上げと燃料費減

  • 2015年10月30日
  • 07:03
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
 関西電力本店=大阪市北区
 関西電力本店=大阪市北区

 関西電力が29日発表した2015年9月中間連結決算は、純損益が前年同期の26億円から大幅に増えて1125億円となり、中間期として3年連続の黒字となった。家庭、企業向け電気料金の再値上げや、原油や液化天然ガス(LNG)の価格下落に伴う火力燃料費の減少が寄与した。

 売上高は2・2%減の1兆6407億円となった。販売電力量の減少や、燃料費の変動を料金に反映させる制度により単価が下落したことに加え、値上げに伴う大口顧客の解約などが響いた。

 16年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比1・4%減の3兆3600億円と見込む。純損益は、保有原発の再稼働の見通しが不透明として未定とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース