福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

山口県・上関原発で反対派がデモ 800人参加「建設反対」に賛同

  • 2015年10月25日
  • 14:19
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
中国電力上関原発の建設計画に反対し、デモ行進する住民ら=24日午後、山口県上関町
中国電力上関原発の建設計画に反対し、デモ行進する住民ら=24日午後、山口県上関町

 中国電力が上関原発の建設を計画する山口県上関町で24日、計画に反対する市民団体などが集会を開き、デモ行進した。9月の上関町長選で原発推進派町長が無投票で4選を果たして以降、現地で行われる初めての反対運動。

 主催団体によると、県内外から約800人が参加。「上関に原発は要らない」などのシュプレヒコールを上げて町内をデモ行進した。

 集会では、建設予定地の対岸に位置する祝島を拠点とする「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の山戸孝事務局次長が「必要なのは原発や交付金ではなく、自然を生かした豊かな生活だ」と話すと、参加者から賛同の声が上がった。

 松山市から参加した四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働に反対する市民団体「愛媛県平和運動センター」の松本修次議長も「過酷事故時の避難計画は机上の空論だ」などと原発の危険性を訴えた。

 山口県は現在、原発建設に必要な海の埋め立て免許の可否判断を先送りにするなど、原発建設計画は事実上の凍結状態が続いている。(共同)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース