福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜原発3号、審査遅れで批判も 町長が原子力規制委に改善要請書

  • 2015年10月23日
  • 09:18
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

[caption id="attachment_5153" align="alignleft" width="512"]関西電力美浜原発3号機=2015年4月、福井県美浜町丹生(福井新聞社ヘリから) 関西電力美浜原発3号機=2015年4月、福井県美浜町丹生(福井新聞社ヘリから)[/caption]  福井県美浜町の山口治太郎町長は22日、期限が来年11月末に迫っている関西電力美浜原発3号機の審査について「公正、迅速な判断や、事業者への指導が行われているか大いに疑念を抱かざるを得ない」と原子力規制委員会の対応を批判し、改善を求める要請書を同委員会へ提出した。

 美浜3号の審査をめぐっては9月30日の定例会合で、田中俊一委員長が時間切れへ強い懸念を表明し「美浜を優先するならば(大飯3、4号機など)他の審査を後回しにしないと対応できない」との考えを示している。

 要請書では「期限まで14カ月あるにもかかわらず完了は困難といった見解や、他プラントへの影響まで言及するのは甚だ遺憾」と批判。「公正、厳格、着実に期限内に審査を完了させること」「美浜3号を理由に他プラントの審査が停滞しないよう早急に体制の強化を」と求めた。

 山口町長と藤本悟町会議長が東京の原子力規制庁を訪ね、荻野徹次長に要請書を手渡した。山口町長は取材に対し「審査が困難なのは理解するが、現段階で完了が難しいとされるのは困る」と再度、善処を求めた。

 規制委は27日に臨時会合を開き、関電の八木誠社長から今後の対応方針を聞く。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース