福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

川内原発2号機、発送電を開始 九州電力、新基準で2基目

  • 2015年10月21日
  • 10:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
 再稼働した九州電力の川内原発2号機(手前)=15日、鹿児島県薩摩川内市(共同通信社ヘリから)
 再稼働した九州電力の川内原発2号機(手前)=15日、鹿児島県薩摩川内市(共同通信社ヘリから)

 九州電力は21日、再稼働した川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)で発電と送電を始める。新規制基準下で原発の電気が企業や家庭に流れるのは、8月に再稼働した川内1号機に続いて2基目。今後、徐々に出力を上げ、11月上旬にフル稼働させる予定だ。

 川内2号機は15日に再稼働した。フル稼働後は原子力規制委員会による最終検査を経て、11月中旬に「調整運転」の位置づけから本格的な営業運転に移行する計画だ。

 川内1号機では、出力上昇中に復水器のトラブルで作業が一時中断したため、九電は慎重に作業を進める。

 再稼働の前提となる規制委の審査には、川内原発のほか、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)、四国電力伊方3号機(愛媛県伊方町)が合格。伊方3号機は愛媛県議会が再稼働に同意し、地元手続きは最終段階に来ている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース