福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜3号関し27日に関電社長聴取 規制委、審査遅れで臨時会合

  • 2015年10月21日
  • 07:43
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は20日、関西電力美浜原発3号機の審査が関電の書類提出の遅れから期限内に終わらない可能性が出ている問題で、八木誠社長に今後の対応方針を聴く臨時会合を27日に開くと発表した。

 美浜3号機は運転開始から40年となる来年11月末までに審査に合格し運転延長の認可を得ないと廃炉が決定的となる。

 関電が、工事計画の提出には来年5月までかかるとしているのに対し、規制委は「フル回転で審査しても間に合うか自信がない」と懸念を示している。八木社長は16日の記者会見で「事務系社員も原子力部門に回して対応する」と述べた。

 関電は美浜3号機のほか、大飯3、4号機と高浜1、2号機の審査も受けている。規制委は美浜に注力するよう関電に求める方針。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース