福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜再稼働遅れ「経営上厳しい」 関電社長

  • 2015年10月17日
  • 12:42
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力の八木誠社長は16日、高浜原発3、4号機の再稼働が目標としていた11月に間に合わず、12月以降にずれ込むことに対し「経営上、厳しい方向に行くのは間違いない」と述べた。会長を務める電気事業連合会の定例記者会見で語った。

 高浜3、4号機は福井地裁が下した運転差し止めの仮処分決定で動かせず、異議申し立ての審尋が11月も続く。八木社長は「地元や社会の理解を賜りながら一日も早く再稼働したい」と訴えた。

 一方で、本年度内に再稼働できなくとも、経営効率化を徹底し、2016年3月期連結決算で純損益を黒字化したいと強調した。

 原則40年の運転期間の延長を目指し、原子力規制委員会の審査を受けている美浜原発3号機に関しては「事務系社員も原子力部門に回して(審査に)対応する」と、態勢を強化する方針を示した。資料提出の遅れなどで、美浜3号機は審査が期限内に終わらない可能性が出ている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース