福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「脱原発を」やまぬ反対派の抗議 川内原発再稼働で100人が集結

  • 2015年10月16日
  • 09:11
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 鹿児島県薩摩川内市の九州電力川内原発で15日、1号機に続いて2基目が再稼働した。「脱原発を諦めない」。正門前では反対派住民らが猛抗議。一方、地元では「低迷する地域経済が活気づく」と歓迎する声も聞かれ、賛否は割れた。

 正門前には、朝から地元や全国各地から約100人が集結。警察官らが警戒する中、「原発ゼロへ」などと書かれた旗やボードを掲げながら「川内原発はいらない」「今すぐ廃炉にしろ」とシュプレヒコールを上げた。再稼働の午前10時半を迎えると、参加者は抗議の意味を込めて約1分間沈黙した。

 参加した鹿児島市の病院職員大瀬俊之さん(59)は「古くなった原発を使うのは見切り発車だ。子どもや孫に危険な原発を残さないでほしい」と批判した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース