福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜3号審査遅れ委員から懸念の声 福井県原子力環境安全管理協議会

  • 2015年10月14日
  • 07:29
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原子力行政について関係者が意見交換した安管協=13日、敦賀市の福井原子力センター
原子力行政について関係者が意見交換した安管協=13日、敦賀市の福井原子力センター

 福井県原子力環境安全管理協議会(安管協)は13日、敦賀市の福井原子力センターで開かれ、新規制基準と運転延長認可の審査期限が来年11月末に迫っている関西電力美浜原発3号機に関し、審査体制を充実させるなどして迅速化を図るよう求める意見が出された=写真。

 美浜3号機の審査をめぐっては、先月末の原子力規制委の定例会合で、田中俊一委員長が“時間切れ”へ強い懸念を表明している。

 この日の会合では、美浜町の山口治太郎町長が審査の遅れを批判。別の委員も「いったん期限を止めるべきでは」「ほかの原発担当の人員を審査に回せないのか」などと意見した。

 規制庁の小山田巧・地域原子力規制総括調整官は「期限超えを前提に審査することは難しい。規制側、事業者双方が努力するしかない」などと答えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース