福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

重要文化財の本堂包む幻想の光 福井県・中山寺でライトアップ

  • 2015年10月13日
  • 10:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
ライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂う本堂=10日夜、福井県高浜町中山の中山寺
ライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂う本堂=10日夜、福井県高浜町中山の中山寺

 福井県高浜町中山の中山寺で10、11の両日、国指定重要文化財の本堂や山門周辺のライトアップが行われた。拝観に訪れた人たちが、幻想的な雰囲気に酔いしれた。

 若狭地方の寺院の秘仏を公開する県の「みほとけの里 若狭の秘仏」に合わせて企画した。

 本堂の周りに約20個の照明を設置。山門から本堂へと続く階段には、和紙で作られたあんどん約30個が並べられた。

 本堂は暗闇に映え、現在公開されている馬頭観音坐(ざ)像を拝んだ人たちが、普段とは違った趣を楽しんだ。

 17日は福井県小浜市の羽賀寺、11月21、22日は同市の明通寺、萬徳寺、神宮寺でもライトアップが行われる予定。



ライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂う本堂=10日夜、高浜町中山の中山寺


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース