福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜町長、司法と別に年内判断明言 高浜原発11月再稼働困難受け

  • 2015年10月9日
  • 12:08
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 福井県高浜町の野瀬豊町長は8日、福井地裁で運転差し止め仮処分の異議審が11月まで継続となった関西電力高浜3、4号機の再稼働の同意判断について、「司法は別にして11、12月に判断する」と述べ、司法の結論にかかわらず年内に判断すると明言した。

 野瀬町長はこれまで、条件の一つにしている県境を越える広域避難計画を話し合う福井、京都、滋賀3府県の「地域原子力防災協議会」の開催日程が決まれば判断するとしていた。

 同町役場で取材に応じた野瀬町長は、開催日程は決まっていないものの「広域避難計画の詳細はほぼまとまってきている」と強調。隣接市町との信頼関係を崩さないよう配慮した上で、「実質的な中身に変更がなければ、(同協議会の開催日にこだわらず)私なりの解釈で判断する」と述べた。10月中の判断は「可能性は低い」とした。

 異議審の審理が継続となったことについては、「予備的な扱いだったが、11月の日程もあった。予定の中で慎重に審議しているという認識を持っている」と話した。

 再稼働の同意手続きに関して福井県の西川一誠知事は、仮処分の異議審の行方とは「別の世界のこと」とし、規制委の審査の進み具合や高浜町長の意向、福井県議会の議論を踏まえ、判断する考えを示している。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース