福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

保安院謝罪「安全基準不十分」 福井の原発立地市町見直し訴え

  • 2011年3月24日
  • 15:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
地震、津波に対する原発の安全対策について「基準が不十分だった」と謝罪する保安院の森下地域原子力安全統括管理官(中央)=2011年3月23日、敦賀市の福井原子力センター
地震、津波に対する原発の安全対策について「基準が不十分だった」と謝罪する保安院の森下地域原子力安全統括管理官(中央)=2011年3月23日、敦賀市の福井原子力センター

 福井県、原発立地市町、各種団体代表らでつくる県原子力環境安全管理協議会が2011年3月23日、敦賀市の福井原子力センターで開かれた。深刻な事態に陥った東京電力福島第1原発について、経済産業省原子力安全・保安院の森下泰・地域原子力安全統括管理官は「安全だと思っていた基準が不十分だった」と述べ、地震、津波に対する評価、対策が甘かったと認めて謝罪した。県内の3電力事業者も、住民に不安を与えたとして頭を下げた。立地自治体の首長からは、安全対策見直しや不安一掃のための住民への説明を求める厳しい意見が相次いだ。

 敦賀、美浜、高浜の3市町長ら委員約20人が出席。森下統括管理官が福島第1原発の現状を説明した。

 福島第1原発では外部からの電力供給が止まった後も津波の影響で非常用ディーゼル発電機が作動せず、原子炉の冷却機能が失われて炉心溶融や水素爆発に至った。森下氏は「津波に対する評価が甘かった。これまでの科学的知見から安全基準をつくり、それに満たしていれば安全と確認してきた」と説明。安全だと思っていた基準が不十分で、今回の事故に至ったと国の責任を認めた。

 また、これまでの地域防災計画や原子力防災訓練では住民の避難や屋内退避は10キロまでと想定していたが、今回はこれを大幅に上回る半径30キロ圏内が対象となったため、森下氏は「実際に起きたときにどうするか考えなければならない」と述べて、見直しが必要との認識を示した。

 現地対策本部を置くはずの緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター)が役割を果たせない場合に、別の場所で機能を代替できるかの検討なども求められるとした。

 一方、県内に原発を持つ関西電力、日本原電、日本原子力研究開発機構の幹部は「電力事業者として非常事態。大変重く受け止めている」と危機感を示した上で謝罪した。地元住民に対する説明を徹底するとも強調した。安全対策としてはそれぞれ非常用ディーゼル発電機の増強、海水ポンプへの津波対策、非常用電源車の配備などを挙げた。

 ■住民の不安一掃を 立地3首長厳しく指摘

 23日の県原子力環境安全管理協議会に出席した敦賀、美浜、高浜の3市町長は「原発の安全の常識は覆った」と厳しく指摘。福島第1原発事故により県内の立地自治体でも不安や危機感が広がっていることをうかがわせた。首長らは国や事業者に「教訓や新たな知見を安全対策に反映しないと、原子力への信頼は失墜する」とも迫った。

 「安全だと思って原発を誘致してきた。避難が必要な事態は考えていない」と切り出したのは河瀬一治敦賀市長。「まず事故の終息。原因究明をして情報をしっかりと早く的確に出してほしい」と注文を付けた。

 山口治太郎美浜町長は「住民は不安がっている」と説明。「放射能が外部に漏れたという訓練はしていない。大きな問題だ」と指摘した。

 野瀬豊高浜町長は「東海、東南海地震が万一、起きたときの津波などの影響を分析し、対策に反映してほしい」と求めた。福島では現行の防災計画より広範囲で避難指示が出た点に関しても「起こらないから安心ではなく、起きたときに避難が迅速にできるよう(同計画を)見直してほしい」と要望した。

 敦賀市の吉村清委員は事業者だけでなく、県や市町の姿勢も痛烈に批判し「原子力にこれでいいということはない。県も自治体も足元を見つめて事業者に対応を求めていくべきだ」と語気を強めた。

 今回の事態を受け、敦賀3、4号機増設計画、運転開始後40年超の美浜1号機の後継炉構想、高速増殖炉「もんじゅ」の運転などに影響を与えるのは必至。事業者にも自治体にも計画遅れはやむを得ないとの空気が既に広がっている。日本原電の加藤眞治敦賀地区本部長は記者団に対し、敦賀3、4号機増設への影響はあると明言。来年3月の着工延期もあり得るとの認識をあらためて示した。

 関西電力の豊松秀己原子力事業本部長も後継炉については「今は考える状況にない」。もんじゅに関して日本原子力研究開発機構の辻倉米蔵敦賀本部長は、原子炉容器内に落下した炉内中継装置の引き抜きは予定通り行いたいとしたものの、来年度内の開始を目指す40%出力確認試験は「工程ありきではない」と述べて含みを残した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース