福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

手製乗り物で住民らに感謝を表現 春江工高で閉校記念祭

  • 2015年10月4日
  • 11:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
生徒が製作した乗り物などで地域の子どもたちを楽しませた春江工高の閉校記念感謝祭=3日、坂井市の同校
生徒が製作した乗り物などで地域の子どもたちを楽しませた春江工高の閉校記念感謝祭=3日、坂井市の同校

 本年度で閉校となる福井県坂井市の春江工高で3日、閉校記念感謝祭が開かれた。53年間「ものづくりの心」を育んできた同校らしく、生徒が手作りした乗り物やゲーム機などで訪れた多くの地域住民や卒業生らを歓迎した。

 感謝祭は生徒、教員、PTAらがそろって背中に「創 春工FINAL」と書かれた黒いTシャツを着て臨んだ。体育館には、歴代の生徒が制作してきた電動ミニ鉄道や、アニメキャラクターを模した電動ミニバスなどの乗り物を並べたミニ遊園地や、手製のゲーム機や射的などの屋台を開いた。親子3人で訪れた藤永孝介君(5)=同市春江町江留下=は「電車に乗れたのが面白かった」と話していた。

 卒業生に在校時の思い出を振り返ってもらおうと、体育祭で制作した歴代マスコットの写真や部活動の記録など、同校の歴史を紹介するコーナーも設けた。OBの巻田千春さん(26)は「仕事をしていると振り返る機会があまりないので懐かしい」と集合写真をのぞき込んできた。

 各科ごとや、2013年春の甲子園に出場した野球部の資料を紹介する展示もあった。感謝祭の開始前には生徒が手作りしたベンチ約50個を坂井・あわら両市の7中学校に贈った。

 生徒会長の田村憲汰君は「大勢来てくれて、長い間愛されてきた学校だったんだと再確認しました」と話していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース