福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発1、2号廃炉で保安規定変更申請 関電、規制委に

  • 2019年3月14日
  • 07:05
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力は3月13日、大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉に伴う保安規定変更認可申請を原子力規制委員会に行った。大飯1~4号機で共通記載としていた構成から、運転中の3、4号機と廃炉となった1、2号機の規定を分けた。


 1、2号機の規定には、廃止措置主任者の選任のほか、原子炉容器へ燃料を移送するための管の閉止など運転停止に関する恒久的な措置を記載した。


 関電は1、2号機の廃止措置計画を2018年11月に規制委に申請した。廃炉費用は、1号機が約592億円、2号機は約594億円を見込んでいる。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース