福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜原発などで保安検査始まる 原子力規制庁

  • 2019年3月6日
  • 09:47
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
原子力規制庁による保安検査の初回会議=3月1日、美浜町丹生の関西電力美浜原子力PRセンター
原子力規制庁による保安検査の初回会議=3月1日、美浜町丹生の関西電力美浜原子力PRセンター

 原子力規制庁は3月1日から、関西電力美浜原発(福井県美浜町)などで本年度第4回保安検査を始めた。40年超運転を目指し進めている3号機の新規制基準対応工事や、安全意識向上策の実施状況などを確認する。


 保安検査は四半期に1度行われており、今回は15日までの予定。美浜原子力規制事務所の検査官らが実施する。


 検査前の初回会議で、同事務所の馬場康夫所長が▽安全文化醸成活動▽現場業務の品質評価▽3号機の新規性基準対応工事▽中央制御盤取り換えに伴う運転員の教育訓練-などの主な検査項目について説明。来年4月からの新検査制度運用に向け「運転員の教育訓練など、できるところは新制度のガイドを使って検査を行いたい」とした。


 保安検査は1日、高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)でも始まり、12日までを予定している。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース