福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

和歌山の火力を4月1日廃止 関電、高コストで維持難しく

  • 2019年3月2日
  • 14:23
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力は3月1日、石油火力の海南発電所(和歌山県海南市、出力計210万キロワット)を4月1日に廃止すると発表した。電力需要が減少傾向にある中、燃料費などがかさみ高コストのため維持が難しいと判断した。同じく石油火力の御坊発電所2号機(和歌山県御坊市、出力60万キロワット)も休止する。


 海南発電所は1970年から稼働しており、4基ある発電機のうち1~3号機は既に2017年から休止している。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース