福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原爆結び付け発言 経団連会長が釈明 「表現は不適切」

  • 2019年2月26日
  • 13:42
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 経団連の中西宏明会長は25日の定例記者会見で、原発と原爆を一体的に捉える考え方があるとの自らの発言について「表現は不適切だと思っている」と述べ、釈明した。


 中西氏は今月14日に中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)を視察した際、住民らに原発の再稼働への理解を広げる必要があるものの「原子力と原子爆弾が頭の中で結び付いていると、分離するのは難しい」と話していた。


 一方、電気事業連合会の勝野哲会長(中部電社長)は翌15日の記者会見で、地域の住民の間に「原爆と結び付けた議論はない」と否定した。


 中西氏は25日の会見で、発言が地元に対するものではないことを強調。「原子力を好きか嫌いかの議論ではなく、エネルギー全体を考える議論をしたい。それでも嫌だと、広島(に投下された原爆)と同じだと考える人がいる。それが頭にあった」と述べた。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース