福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発などで保安検査始まる 原子力規制庁、本年度4回目

  • 2019年2月26日
  • 13:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
関西電力高浜原発の本年度第4回保安検査の検査項目が示された初回会議=2月25日、福井県高浜町田ノ浦の同原発
関西電力高浜原発の本年度第4回保安検査の検査項目が示された初回会議=2月25日、福井県高浜町田ノ浦の同原発

 原子力規制庁は2月25日、本年度第4回保安検査を関西電力高浜原発(福井県高浜町)などで始めた。40年超運転に向け高浜原発1、2号機で安全対策の大型工事が本格化することから、所員らのリスク管理の充実に向けた活動状況などを検査する。3月8日まで。


 保安検査は四半期に1度行われている。同原発は1、2号機が工事中で、3、4号機が営業運転している。


 同原発には、高浜原子力規制事務所の山西忠敏所長らが訪れ、▽安全向上に向けた活動状況▽2020年4月から導入予定の新検査制度に向けた改善活動の状況-などの検査項目を説明。「1、2号機の大型工事は今年ピークを迎える。安全管理やリスク管理など協力会社を含め一丸となって取り組んでもらいたい」と述べた。


 これに対し宮田賢司・高浜発電所長は「本日、3千人を超える人が発電所で働いており、この状態がしばらく続く。保安検査は第三者から指摘をもらえる貴重な機会で、改善に努めたい」と話した。


 この日は大飯原発(同県おおい町)でも保安検査が始まり、同じく3月8日まで行われる。美浜原発(同県美浜町)は同1~15日に実施する予定。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース