福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

廃炉や新幹線の進捗説明 敦賀会議所の企業協、8年ぶり交流会

  • 2019年2月16日
  • 13:48
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
敦賀市内の企業が大型事業の内容について説明を受けた交流会=2月14日、福井県敦賀市プラザ萬象
敦賀市内の企業が大型事業の内容について説明を受けた交流会=2月14日、福井県敦賀市プラザ萬象

 敦賀商工会議所の大型プロジェクト関連企業協議会の会員交流会が2月14日、福井県敦賀市のプラザ萬象で開かれた。会員企業などから140人が出席し、現在進められている原発の廃炉作業や北陸新幹線敦賀開業に向けた工事の進捗(しんちょく)状況について事業者から説明を受けた。


 協議会は、市内で行われる大型工事の地元受注拡大を目指し1996年に発足、会員企業約450社が参加している。北陸新幹線関連や廃炉に向けた工事が本格化していることから、8年ぶりに交流会を開いた。


 日本原電と日本原子力研究開発機構は敦賀原発1号機やもんじゅ、ふげんの廃炉作業状況を説明。2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向け、JR敦賀駅周辺で進められている整備事業については、市新幹線整備課が立体駐車場、民間資本を活用したにぎわい拠点施設の整備運営計画を話した。


 参加者からは事業者に対し、廃炉作業に地元企業が参入しやすい仕組みを作ることや、具体的に必要な技術を明示してほしいなどの要望が上がった。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース