福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜町長「原発共生の道を」 退任を控え会見

  • 2019年2月2日
  • 13:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 3月6日の任期満了に伴い退任する山口治太郎・福井県美浜町長は2月1日、同町役場で最後の定例会見に臨み、5期20年間の町政を振り返った。


 山口町長は、町民対話を重視する政治姿勢に努めたとし、「小学校の統廃合や産業団地新設、エネルギー環境教育体験館きいぱすの設置など、20年間で多くの政策を進めることができた」と述べた。さらに「前町長の病気により、急きょピンチヒッターのように就任したが、20年間大きな病気もなく務めることができてよかった」と笑顔を見せた。


 原子力立地自治体の首長の責務として、「安全を守れるようしっかり勉強した上で、共生の道を探ることが大切」と持論を展開した。さらに「今後、国が原発のリプレース(建て替え)を認めた場合、町として推進できるよう、(後任には)町民理解を得られるような政策を進めてもらいたい」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース