福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ警報鳴り燃料取り出し中断 計画変更はなし

  • 2019年1月19日
  • 14:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は18日、高速増殖原型炉もんじゅで使用済み燃料取り出し作業中、つかみ具の開閉異常を知らせる警報が鳴り、作業を一時中断したと発表した。機器不具合による中断は5回目。


 機構によると17日午後1時ごろ、洗浄を終えた使用済み燃料1体を缶詰処理するためつかんだところ、警報が鳴った。動作確認で正常に動いたことから同10時半ごろ再開。18日も作業を継続していたが、午後1時ごろに再び警報が鳴った。その後再び安全を確認して作業を始め、同9時40分ごろに終えた。作動部の不具合の可能性があるとみられる。


 もんじゅの使用済み燃料取り出し作業は、1月中に100体を終える計画。この日までに83体を終えており、現段階で計画に変更はないとしている。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース