福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

燃料70%以上溶融の可能性 福島原発2号機、名大調査

  • 2015年9月28日
  • 11:13
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 宇宙から降り注ぐ宇宙線から生じる「ミュー粒子」を使って東京電力福島第1原発2号機を調べた結果、原子炉内の核燃料が70%以上溶融している可能性が高いことが27日、分かった。名古屋大の研究チームが調査結果をまとめた。

 調査はミュー粒子を観測できる特殊なフィルムを使った観測機材を2号機に設置し、原子炉圧力容器の周辺を透視。炉心溶融していない5号機での観測結果との比較などにより、2号機の炉内燃料の70〜100%が溶融している可能性が高いことが確かめられた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース